交通事故施術の必要性とは?

2020年08月3日

今年の春は、コロナウイルスの感染拡大に伴い緊急事態宣言が発令され、大変苦労されたと思います…

 

緊急事態宣言時は、交通量が大幅に減ったことで一時的に交通事故が減少しましたが、緊急事態宣言解除後より交通事故の発生件数が増加傾向にあるみたいです!

 

また、お盆に帰省のために車で長距離を運転される方もいらっしゃると思いますので交通安全にお気を付けください!

 

 

今回は交通事故施術の必要性についてお話します。

 

 

交通事故と一言でいっても「車対車」「車対自転車」「車対歩行者」など色々なケースがありますが、その中でも「車対車」の衝突による交通事故の発生件数が多い傾向にあります。

 

また、交通事故による症状は、一見交通事故の衝突時の衝撃の強さに比例すると思われがちですが、

●自分や相手の車の種類や大きさ

●座っている座席の場所

●事故に遭ったときの姿勢や衝撃が加わる方向

なども大きく関わってきます。

 

様々な要因も含め、体に大きな衝撃が加わると、

●むち打ちによる首筋の痛み

●肩・背中・腰の痛みや重だるさ

●肘・膝・肩・股関節など関節部の痛みやその周りの違和感

●手・足の痛みやしびれ

●全身の倦怠感や疲労感

●頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気

などの症状が出現します。

 

また、交通事故による症状は、日によって痛みを感じる部位や痛みの強さが変化しやすい特徴があります。

 

そのため、少しでも違和感があったり、症状が一度落ち着き軽くなった場合でも、しっかりと治りきるまでは交通事故施術を継続して受ける必要があります。

 

 

接骨院では、交通事故による施術を自己負担0円で受けることができますが、ここで重要なのが「施術を受けられる期間に限りがある」ということです。

 

施術のスタートが遅れてしまったり、施術の間隔が空きすぎてしまうと、交通事故施術を自己負担0円で受けることができなくなってしまう場合もあります。

 

また、交通事故による症状をそのままにしておくと、首の痛みや腰痛が慢性化したり、疲労やストレスが取れにくくなったり、倦怠感や頭痛が残ってしまったりと後々まで悩まされてしまいます。

 

また、交通事故による症状が原因で自律神経のバランスまで乱れてしまい、身体にさまざまな不調が出現してしまうこともあります。

 

このような後々まで残る可能性のある症状の予防のためにも、事故後早期に施術を開始し、しっかりと続けて通っていただくことが重要になります。

 

 

春日井市のふくなが接骨院では、交通事故発生時の状況や今のお身体の状態などをできるだけ詳しく聞かせていただくことにより、今後の施術プランを組ませていただき、できる限り早期の改善ができるよう、専門的な知識をもった施術者が丁寧に対応させていただきますので安心して施術を受けていただくことができます!

 

 

また、交通事故に関してお悩みのことがございましたら、無料で相談からでも承りますのでお電話もしくは直接当院までお問い合わせください♪

 

 

 

 

 

 

▼春日井市のふくなが接骨院公式サイトはこちら

 

▼春日井市ふくなが接骨院の交通事故専門サイトはこちら

 

▼交通事故保険について

 

▼交通事故 腕や脚の関節の痛み

 

▼アクセス

 

 

 

 

 

 

 

 

交通事故に遭った時!最初にすることは?

2020年07月21日

突然ですが皆さん、交通事故に遭われたことはありますか?

 

実は愛知県だけでも年3万件以上人身事故が発生しています!

物損事故は含まれていないので、こうして見ると月に少なくとも2500件以上は交通事故が起きているということです。

私自身も明日は我が身ということですね…

 

では想像してみてください。

もし事故に遭ったら、あなたはどういう対応をするのがベストだと思いますか?

事故が起きてしまった時、おそらくショックが大きいと思いますが最初の対応をキチンとしておけば、後々「ああしておいて良かった!」「知ってて良かった!」となるはずです。

 

今回は、私と一緒に事故直後の対応を確認していきましょう♪

 

「事故が発生しました」

まず確認するのは事故の状況と負傷者の状態確認です。

交通量の多い場所ですと二次被害のおそれもあるので、安全な場所に移動し救急車を呼んでください。

 

次に大事なのは「警察への連絡」です!

事故に遭うと状況によっては不安で怖くなって警察へ連絡しないという方もいますが、必ず警察へ連絡してください。

これを怠ってしまうと3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられてしまうかもしれないので、注意してくださいね。

 

そして皆さん忘れがちな「事故現場の記録」が、今後の交渉のカギとなってきます。

これは損害賠償請求をする際にとても大事なのですが、軽い事故などですと警察の検証も詳細なところまで行われない場合があります。

ですので、自分の手札は自分でそろえておきましょう!

 

まずは「事故現場の状況」や「車の損傷個所、損傷具合」は絶対に写真などで残しておいてください。次に道路の状況である「信号機や一時停止、標識の有無」などもあるといいですね!

 

これらを確認している内におそらく警察の方も到着し、それぞれ現場検証や双方に聴取などが行われるかと思います。

慌ただしくなってはきますが「相手方の連絡先」を控えておくのを忘れないでください。

連絡先は「名前・住所・電話番号・車のナンバー・相手の契約している保険会社」などです。

 

次に、これはなかなか難しいのですが「目撃者の確保」をしておくといいです。

第三者の証言はとても有益なので、協力してくれる目撃者の方がいたら「名前・住所・連絡先」など控えておきましょう。

 

最後に、忘れずにご自身の保険会社への連絡もしておきましょう!

あとの複雑なやり取りは保険会社同士でスムーズに行ってくれます。

この時に、把握していなければご自身が弁護士特約などに加入しているか否かも確認しておきましょう!

 

さて、事故後の対応は想像通りでしたか?それ以上でしたでしょうか?

これだけのことをしっかりと押さえておけばこの後の交渉もスムーズに行われると思います。

そして大事なのはまだまだこれからですので、もう少しお付き合いください!

 

「事故直後は大丈夫だったのに…」

 

これ、交通事故に遭われた方のほとんどが口にされる言葉です。

どういうことかと言うと、事故直後は身体に痛みなど無かったのに後々になって痛くなってきた、というわけですね。

事故後の痛みというのはそのようなケースが多いので、できるだけ早く整形外科へ受診していただき「診断書」を貰いましょう!

これは人身事故の届けを出す時も必要ですので、軽い症状でも必ず病院へ行きましょう。

仕事があるから…家事があるから…と診断を先延ばしにしてしまうと、重篤な症状の発見が遅れたり、事故による症状なのか疑われ、賠償金が受け取れなくなる場合もあります。

 

そして必要なものが揃いましたら次に当院にお電話ください!

むちうちや吐き気・耳鳴りはもちろん、腰痛や身体の倦怠感がある場合は特に早めの施術が必要です。

事故後の対応で不安なことや、相談なども随時専門スタッフが受け付けております。

 

よくあるご質問で、事故治療中のお代金はいくらですか?とお問い合わせいただくのですが…

当院は交通事故治療の自己負担金はゼロ円で対応しております!

もし事故治療関連でお悩みでしたら、相談だけでも無料で承りますので是非お気軽にお問合せください。

 

ご連絡、お待ちしております!

 

 

 

▼ふくなが接骨院公式サイトはこちら

 

▼交通事故専門サイトはこちら

 

▼交通事故による頭痛・めまい・吐き気

 

▼交通事故による捻挫・骨折 

 

▼アクセス

 

 

 

 

整形外科と接骨院の交通事故治療の違いについて

2020年07月14日

 

今回は、整形外科と接骨院の交通事故施術の違いについて簡単に説明していきます♪

 

交通事故による怪我は、事故直後は無自覚あるいは軽い場合でも、時間経過と共に強い痛みや痺れが出現します。

そのため、少しでも違和感や痛みを感じたら、交通事故施術を受けることをお勧めします。

 

それでは、本題に入ります。

 

整形外科では、主に骨折等の大きな怪我の治療、MRIやレントゲンなどを用いた精密検査、痛み止め等のお薬の処方、診断書の作成などをしていただけます。

事故の強い衝撃によるひどい痛みや重度の神経症状といった症状の重いものに関しては、整形外科に行き、体の内部の異常をしっかりと把握していただくことが重要になります。

 

接骨院では、交通事故でお怪我をされた部位に対するマンツーマンでの施術、筋肉の異常により発生する痛みなどの根本的な改善、患者様の精神的・身体的な苦痛に対するケア等を行っています。

交通事故後は、強い痛みや神経症状の出現している部位を動かさなくなることにより、筋肉が硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなることでさらに状態が悪化してしまうため、筋肉を緩め、症状の悪化を食い止めつつ、根本的な改善を目指していきます。

 

交通事故によるムチウチや腰痛などは、一般的な首の痛みや慢性腰痛と比べると、強い衝撃により深部の筋肉や神経にもダメージがある場合が多いため、ある程度時間をかけてしっかり治していく必要があります。

また、途中で施術をやめてしまったり、痛みが軽いからといってそのままにしておくと、のちに後遺症として痛みが残存してしまう場合もあります。

そのため、交通事故に遭われたら早い段階で施術を開始し、早期から交通事故の症状に対するアプローチをしていくことをお勧めします。

 

また、整形外科と接骨院は併院可能であり、状態に合わせて両方通うこともできます。

交通事故に遭われましたら、春日井市のふくなが接骨院にご連絡していただき、ご連絡の際に「交通事故の施術で通いたい」とお伝えください。

詳細に関しましては、お電話もしくはご来院時にご案内させていただきます。

また、交通事故に関してお困りのことがございましたら相談からでも無料で承りますのでお気軽にご相談ください。

 

コロナウイルス蔓延による自粛生活もある程度緩和され、外出される方が増えてきて、交通事故の発生件数も増加傾向にあるようです…

 

日頃から安全運転を心がけ、交通事故には十分にお気をつけください!

 

 

▼春日井市のふくなが接骨院公式サイトはこちら

 

▼春日井市ふくなが接骨院の交通事故専門サイトはこちら

 

▼交通事故によるムチウチ

 

▼交通事故による腰部捻挫(腰痛)

 

▼春日井市ふくなが接骨院へのアクセス

 

 

 

お盆期間中のお休みに関して

2018年08月13日

こんにちは。

ふくなが接骨院、院長の福永です。

ふくなが接骨院の交通事故専門サイトであります『春日井市交通事故・むち打ち治療専門サイト』をリニューアルしました。

不定期ではありますが、交通事故に遭われて困っておられる方々に向けて有意義な情報を発信していけたらと思っています。

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

さて、HPをリニューアルしてはじめての投稿で恐縮ではありますが、2018年度のふくなが接骨院の夏期休業期間(お盆休み)は下記となっております。

《お盆休み期間》  8月11日(土)~ 20日(月)の10日間

現在 接骨院の増床工事を行っている関係上、例年より長くお休みをいただいております。

8月21日(火)より広く新しくなり、以前に増して快適な環境で施術を受けていただけるようになります。

リニューアルオープンを記念して、はじめての患者さまに対して8月中に限り、初回のみ(1日限定5名様まで)通常初診時5,780円の矯正治療を980円で施術をさせていただきます。

こちらは事前に予約をいただいた上で診させていただておりますので、興味のある方は必ずご予約の上、ご来院ください。

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

春日井市、肩こり、腰痛治療。接骨院

 

 

 

 

 

 

 

 

テスト投稿

2018年05月15日

今日は、車同士の衝突事故で頚椎を捻挫された方が病院から転院されてきました。
頸椎の捻挫とは、いわゆる「むちうち」です。

春日井駅前の交差点で信号待ちをしていたところ、後ろから衝突されたそうです。
最初は病院で治療をされていたのですが、湿布と痛み止めを出されるだけで、症状がなかなか良くならず、お知り合いの紹介で、ふくなが接骨院へいらっしゃいました。

お体を診たところ、首と肩の深層部分の筋肉が交通事故の衝撃でダメージを受けており、
緊張が続いている状態でした。
電気治療で炎症を抑えて痛みを和らげ、こわばっている筋肉をマッサージでほぐしていきました。
首が回らず、人に呼ばれて振り返る時も体ごと振り返らなければいけなくて、仕事にも支障が出ていたそうなのですが、だいぶ楽になったとおっしゃっていました。

仕事が忙しくて、通院のために休むことができないため夜遅くまで交通事故治療の施術が受けられることにも、「とっても助かりました」と喜んでらっしゃいました。

春日井市交通事故治療・むち打ち治療の施術写真31ふくなが接骨院では、交通事故の後遺症で苦しまないために、手技を使った交通事故専門治療と電気治療で早期治療・早期回復を行っています。

交通事故後しばらくたってから、天気の悪い時に頭痛がするようになったり、首が痛むようになったり、後から症状が出てくることは珍しくありません。
しかも、後から治療を受けようと思っても、交通事故との因果関係が認められなかったり、自賠責保険の適用期間が過ぎてしまっていたりで、自費で治療することになってしまうケースもよくあるので、早めの治療が肝心です!

自賠責保険の適応で窓口負担はありませんので、治療費の心配も必要ありません。

交通事故後、病院へ行っても痛みや違和感が解消しないとお悩みの方は、病院からの転院や病院と接骨院の両方に通っていただくことも可能ですので、一度ご相談ください。

<春日井市交通事故治療 むちうち治療専門サイト ふくなが接骨院>
転院についてのページはこちら